合併症

アルコール依存症

アルコール依存症の内臓疾患

アルコール性膵炎アルコール性膵炎 は、アルコールの過剰摂取による膵臓の炎症で、慢性膵炎の約半数がアルコール性のものと言われています。 腹部や背中の痛み、発熱等の症状がみられます。急性膵炎や慢性膵炎の急性増悪では、落命する事もあるので注意が...
アルコール依存症

アルコール依存症と肝臓疾患

アルコール依存症による内臓疾患 内臓疾患などの身体的疾患は、アルコールの原因により引き起こされているものなので、お酒を断つ事により回復するケースも、もちろんあります。 しかし数日単位での回復は無理で、数ヶ月から長いものでは数年ほど回...
アルコール依存症

アルコール依存症の合併症とは?肝臓だけじゃない脳にもダメージが!

肝臓や脳に影響する内臓疾患の合併症の方が知られているかもしれませんが、精神的な疾患もでてきます。アルコール依存症の患者は、精神面をむしばむ多くの疾患を抱える危険性があります。また、うつなどの他の精神疾患がアルコール依存症を誘発する事もあります。アルコール依存症の合併症には肝臓だけでなく脳にもダメージが起こります。
スポンサーリンク