原因,

スポンサーリンク
滲出性中耳炎の原因

滲出性中耳炎の原因

滲出性中耳炎の原因滲出性中耳炎の原因とはなんでしょう。滲出性中耳炎は人も子供にも多くみられる中耳炎の一種で症状や治療中はスイミングやプールを控えた方がいい場合もあります。滲出性中耳炎の原因によっては自然治癒する場合もありますが鼓膜切開などの...
閃輝暗点の症状と治療法

閃輝暗点の症状と治療法

閃輝暗点の症状 閃輝暗点(せんきあんてん)とは、視覚障害の一つで、視野の一部が欠けて見えたり、黒くなったり、その部分がどんどん広がって光ってチカチカするような状態が数分から数時間続きます。多くの場合は症状が治まった後に片頭痛が起きたり、吐き...
回転性めまい対処法

回転性めまい対処法

回転性めまいの対処法 回転性のめまいの対処法について考えてゆきます。よく急に立ち上がったり、朝起き上がったりするとくらっとする眩暈(めまい)を感じることがありますね。立ちくらみなどとも呼ばれますが、病的なものと自然現象といえるものと分かれま...
ヘルペス脳炎の原因

ヘルペス脳炎の原因

ヘルペス脳炎の原因 ヘルペス脳炎の原因となるものとして、単純ヘルペスと呼ばれるののうち1つの口唇ヘルペス(1型)が原因になることが多いです。一般的な口唇ヘルペスウィルスが、重症のヘルペス脳炎を引き起こす原因は、いまのところよくわかっていない...
関節リウマチ

リウマチ友の会

リウマチの初期症状リウマチはよく聞かれる病名です。 お年寄りがかかる病気、どこかが痛いといえば、『リューマチ』だ!なんていわれますが、実は完治が難しい難病ということはご存知ですか? 女性に多く発症するなど原因も不明で、症状を軽くする治療しか...
子宮内膜症と癒着

子宮内膜症と癒着

子宮内膜症と癒着子宮は、卵巣、卵管、膣などともに内性器の一部であり、子宮筋という筋肉からできている袋状の臓器です。 本来子宮の内側にしかないはずの『子宮内膜』 この子宮内膜が、なんらかの原因で子宮以外の場所、卵巣や、子宮を支える靭帯(じん...
味覚障害の治療薬

味覚障害の治療薬

味覚障害の治療高齢者の味覚障害は、薬による副作用が多いです。 降圧薬、脳循環改善薬、抗腫瘍薬、抗うつ薬などには、亜鉛を体外に排出してしまう作用があるものがあるので、亜鉛不足を引き起こすことがあります。 このような場合は医師に相談をしましょ...
膠原病と湿疹

膠原病と湿疹

膠原病の症状膠原病とは細胞と細胞を結びつける結合組織に炎症が起きて、関節の痛み、こわばり、腫れのほか、全身の倦怠感、微熱、湿疹、蕁麻疹、皮膚筋炎、強皮症、全身性エリテマトーデス(SLE)などの症状のある病気の総称です。 関節リウマチなどと言...
黄体機能不全の漢方薬治療

黄体機能不全の漢方薬治療

黄体機能不全に効く漢方薬漢方薬での治療もあります。 冷えが原因で子宮卵巣も冷えてしまい、高温期が短い、高温期になるのに時間がかかる、途中で温度が一時的に下がるというような症状がある場合には、血虚、気虚を中心に冷えを改善してきます。 黄体機...
坐骨神経痛を漢方で治す

坐骨神経痛を漢方で治す

坐骨神経痛に効く漢方薬有名なのは、テレビやラジオのCMでもおなじみの、再春館製薬所の痛散湯です。 服用する事で、有効成分のはたらきで血中濃度が常に一定に保たれ、腰痛などの痛みの緩和に効果を発揮するそうです。 そのほかの漢方薬も、同じよう...
眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂の原因と治療眼瞼下垂はまぶたを上げる筋肉と神経がうまく働かなくなり、まぶたが上がりにくい(眼が十分開きにくい)状態となってしまう病気です。 最も多いのが先天的なもので、片目の場合と両目の場合があります。 後天的な場合は、加齢による...
過活動膀胱の治療

過活動膀胱の治療

泌尿器科での治療・検査過活動膀胱とは、overactive bladder=オーバーアクティブ膀胱ともいわれ、OABと呼ばれます。 過度に活発な活動をしてしまう膀胱、活発すぎる膀胱という意味で、切迫感を伴う排尿障害です。 このような状態...
多汗症と漢方薬

多汗症と漢方薬

多汗症の原因多汗症はなんらかの原因で交感神経の働きが狂ってしまい、体温調節に必要な汗の量をはるかに超える汗をかいてしまう症状です。 ストレスや緊張不安など精神状態と密接な関係があるといわれています。多汗症の治療さまざまな原因で起こる多汗症で...
ドライマウスの治し方

ドライマウスの治し方

ドライマウスの治し方ドライマウスの初期症状は、口の中が渇く、ネバネバする、しゃべりにくい、パサパサしたものが食べにくい、口臭がきついというもの。 これは唾液の分泌量が減ってしまうことが原因で、症状がひどくなると、口の中や舌が荒れてひび割れ...
スポンサーリンク