効能

メシマコブのがん効能

メシマコブのがん効能「不老草」とも呼ばれる薬用茸

メシマコブは日本原産のサルノコシカケの仲間(タバコウロコタケ科)のキノコです。長崎県の男女群島にある「女島(メシマ)」に野生する桑の幹に寄生する「コブ」状のきのこである事から、その名がついたとされます。古くから中国では「桑黄茸」と呼ばれ漢方薬としてもつかわれています。
スポンサーリンク