サプリメントや薬の多用で肝臓への負担が増える!

スポンサーリンク

サプリメントや薬の多用で肝臓への負担が増える!

ビタミンC自体は肝臓に良いものですが、サプリメントで摂取する場合には注意が必要です。カプセルや錠剤に使用される賦形剤(ぶけいざい)に悪質な材料が使われているケースがあるからです。

またサプリメントや薬は肝臓に負担をかけます。中でも解熱剤・鎮痛剤・中枢神経作用薬などは注意が必要です。こうした薬との付き合い方を動画でお話しします。

【プロフィール】
精神科医師、精神保健指定医、認定産業医。日本アーユルヴェーダ学会上級教師。弘前大学医学部を卒業後、国立国際医療センター精神科に勤務。その後、数々の医療機関への勤務を経て、2009年に東京・目黒のハタイクリニックの院長に就任。漢方医学やアーユルヴェーダ医学、超高濃度ビタミンCや糖質制限の食事療法などを用いて、がんやその他の難病の治療を行なっている。『僕の生きる道』(主演:草彅剛)『相棒』(主演:水谷豊)『ATARU』(主演:中居正広)『グッド・ドクター』(主演:山崎賢人)など、数々のドラマの監修も担当している。著書『ビタミンC点滴と断糖療法でガンが消える』『断糖のすすめ~高血圧、糖尿病が99%治る新・食習慣』。

すごく すごくお勉強になります!!!!
西脇先生!どうもありがとうございます♪(?????)♪

サプリメント
気になる体の症状