【頚椎椎間板ヘルニア】絶対にやってはいけない3つのこと

スポンサーリンク

【頚椎椎間板ヘルニア】絶対にやってはいけない3つのこと

首や肩甲骨の痛み、腕や手の辛いしびれは頚椎椎間板ヘルニア特有の症状です。
頚椎椎間板ヘルニアの方が、絶対にやってはいけない3つの対処法について動画で解説しています。

頚椎椎間板ヘルニアの辛い症状でお悩みの方はご相談ください。

BORNS整体
岐阜市で10万人の症例実績をもつ「BORNS整体(ほんごう鍼灸接骨院)」です。つらい腰痛・肩こり・頭痛などを根本改善。骨盤・姿勢矯正も評判の整体院です。当院の独自の整体・鍼灸の技術が、全国の治療家やスポーツトレーナに学ばれております。

頸椎椎間板ヘルニアで1ヶ月と半月薬治療をしていて、しびれや痛みは大分よくなりましたが、右上腕三頭筋にほとんど力が入らない状況です。先生からは、握力は問題ないので、様子を見ましょうと言われています。
このまま様子を見るべきか迷っています。

力が入らないのは心配ですね。
上腕三頭筋の筋委縮が起こらないように、筋収縮を入れておくことは必要だと思います。
どれほど力が入らないか分かりませんが、ほとんど入らない状態での筋トレは危険ですので、「アイソメトリック収縮(等尺性収縮)」を活用した方法から始めると良いかもしれません。

頚椎椎間板ヘルニア
気になる体の症状