関節リウマチの初期症状~最新治療で症状をコントロール~

関節リウマチの患者さんが、病気に気づくきっかけは、日常生活のなかで起きる違和感です。
例えば、朝の着替えのときにボタンが外しにくくなった、朝食を作るときの動作が鈍くなる、などです。通勤で歩きにくさを感じるようになって、気づく人もいます。

関節リウマチの初期症状

関節リウマチの患者さんが、病気に気づくきっかけは、日常生活のなかで起きる違和感です。
例えば、朝の着替えのときにボタンが外しにくくなった、朝食を作るときの動作が鈍くなる、などです。通勤で歩きにくさを感じるようになって、気づく人もいます。

違和感の原因

これらの違和感の原因は、関節リウマチの初期の典型的な症状である朝のこわばり、です。
朝起きたときに関節がこわばって動かしにくく、1から数時間たつと、違和感なく動かせるようになるものです。

リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術

左右の関節に症状が出るのも特徴

初めにこわばりが、手や足の指などの小さな関節に出てきます。こわばりは、やがて腫れや痛みに進みます。
はじめは1から2カ所だった関節の痛みや腫れが、だんだん数が増えていきます。片方だけでなく左右の手指、左右の膝というように、身体の左右の関節に症状が出るのも特徴です。高齢になって発症する患者さんの場合には、ひじや膝、股関節などの大きな関節から始まるのが特徴です。

微熱や倦怠感が現れることも

関節リウマチには、関節の変形が起きるというイメージが強いのですが、初期の段階では関節に変形は現れません。腫れを触ってみると柔らかく、熱っぽいこともあります。
関節以外では、微熱や倦怠感が現れることもあります。関節に腫れや痛みが出るくらいのタイミングから、全身の症状も起きやすくなります。

初期の段階で発見し、進行を食い止める

関節リウマチは、これら小さな変化の現れる初期の段階で発見し、進行を食い止めることが大切です。

<ahref=”https://www.infotop.jp/click.php?aid=138397&iid=40828″>自宅で出来るリウマチ回復法(半円枕付き)</a>
<ahref=”https://www.infotop.jp/click.php?aid=138397&iid=40827″>自宅で出来るリウマチ回復法(半円枕無し)</a>
こんな症状も関節リウマチ