関節に異常が現れる病気

スポンサーリンク

関節に異常が現れる病気

関節に異常が現れる病気は、関節リウマチ以外にも多くあります。
リウマチという病名は、痛みや腫れの症状が、水が流れるように全身の関節に現れることから、「流れ」という意味の「ロイマ(rheuma)」というギリシア語がもととなっています。古くは関節や骨、筋肉などにこわばりや痛みの生じる病気をまとめて「リウマチ」と呼んでいました。
<ahref=”https://www.infotop.jp/click.php?aid=138397&iid=44086″>リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術</a>

リウマチ性疾患

関節が痛くなる病気の総称をリウマチ性疾患としていますが、他にも全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎など、関節に症状が現れる疾患があるので、注意が必要です。

変形性関節症

関節に異常が現れる病気で多いのが、「変形性関節症」です。関節の軟骨がすり減った結果、骨同士がぶつかることで炎症を起こしたり、骨が異常に増殖して、関節のこわばり、痛み、腫れなどが現れます。原因は、加齢にともなう磨耗やスポーツ、肉体労働、体重増加などがあります。

外反母趾

「外反母趾」もよくみられます。足の親指、根元のあたりが「く」の字に曲がるのが特徴的な病気です。親指のつけ根あたりに痛みが出ます。
その多くは、ハイヒールやつま先の細い靴などを履くことが原因ですが、足の筋肉の衰えや腰などのトラブルの影響で生じるケースもあります。

腱鞘炎

筋肉と骨とをつなぐ腱の外側を包んでいる腱鞘に炎症が起きる「腱鞘炎」もあります。パソコン作業や楽器の演奏など手指の使い過ぎなどが原因となります。
これ以外にも関節に異常の現れる病気は、200種以上もあり、医師でも慎重な診断が必要です。
<ahref=”https://www.infotop.jp/click.php?aid=138397&iid=40828″>自宅で出来るリウマチ回復法(半円枕付き)</a>
<ahref=”https://www.infotop.jp/click.php?aid=138397&iid=40827″>自宅で出来るリウマチ回復法(半円枕無し)</a>