アニサキス症~魚の生食に注意

スポンサーリンク

アニサキス症~魚の生食に注意

魚を生食する機会が多い現在、注意しなければならない寄生虫病です。

アニサキス症はアジ、サバなどの青魚を始め、タラ、ニシン、イカなどに寄生するアニサキス幼虫(体長1から3センチ、成虫はイルカ、クジラなどに寄生する回虫)が胃や腸に入り込み、おこす病気です。

これらが寄生した魚を生食した後急激な腹痛がおこり、その後腸や胃の壁に病変ができます。
また幼虫が壁を食い破って重症になる場合もあります。

スポンサーリンク

冷凍が安心

アニサキス幼虫は先にあげた魚類に高確率で見つかる寄生虫です。
これらの魚をなるべく生食しないことが一番の予防になりますが、この幼虫はマイナス20度以下で一晩冷凍すれば死滅するのでまず安心です。

なおこの幼虫は酸に強く、酢漬けにした魚の切り身にも見つかることがありますから、「しめサバ」「しめアジ」でも安心はできません。

寄生虫アニサキスが胃に入ると…どうなるのか?被害件数がココ10年で80倍!
食中毒
気になる体の症状