コロナに酷似!【熱暫壕熱(ざんごうねつ)五日熱・Q熱】はどんな病気?

スポンサーリンク

熱暫壕熱(ざんごうねつ)とはどんな病気?

シラミやダニによって感染することが知られている「熱暫壕熱」(ざんごうねつ)は、五日熱 (いつかねつ) 、Q熱とも呼ばれます。
第一次世界大戦や第二次世界大戦中に問題になりましたが、最近ではホームレスの人が増えた影響で、また注目をされています。
コロナに酷似した症状の熱暫壕熱とは、どんな病気なのでしょうか?

スポンサーリンク

輸入家畜やペットから感染も?

牛、羊、ヤギなどの家畜が持っているQ熱リケッチア(細菌より小さくウイルスより大きい微生物)「コクシエラ菌」がダニを媒介として感染する病気です。
これらの家畜の排せつ物、家畜の胎盤や羊水などで汚れた粉塵を吸い込むことで、空気感染・経口感染する場合もあります。
「コクシエラ菌」は世界中の自然界に広く分布している細菌で、動物は体内にコクシエラ菌がいてもほとんど症状が出ないのですが、人間の場合はそうはいきません。

1937年オーストラリアのクイーンズランドでの発生が最初の報告例だったのでQ熱と呼ばれるようになった言われますが、正確には「不明熱」(Query Fever)から来た病名です。
我が国では稀な病気ですが、輪入家畜やペットなどを感染源として発症する可能性もあり、警戒が必要です。

スポンサーリンク

合併症を引き起こすと死亡率が高い

潜伏期問は10日から1ケ月ほど。
初期症状では、悪寒、発熱、咳、吐き気などで、ふつうの風邪と区別がつきにくいです。
重症化してしまうと肝炎や心内膜炎などを発症したり、脳に合併症をおこすことがあります。
また、Q熱患者のX線写真には肺炎のかげが写ります。重症になると肝臓や脳に合併症をおこすこともあります。
慢性化してしまった場合、死亡率は65%と高いので注意が必要です。

この病気には抗生物質が有効ですから、合併症を引きおこさない限り比較的治りやすい病気です。

その他
気になる体の症状