男性更年期障害に効くサプリ

スポンサーリンク

男性更年期障害を漢方薬やサプリで改善

病院で処方されるホルモン剤は一時的に精子の量が減るなどの副作用がある場合があるので、これから子供をつくろうという方にはおすすめできません。

その点、漢方薬やサプリメントなどは、副作用などが少なく、漢方では、崩れたからだのバランスを整える事で、これらの症状を治していきます。

薬局で手に入る漢方薬ですが、薬剤師に相談の上選びましょう。

また、女性の更年期障害などにも効果のあるサプリメントなどはホルモン療法と併用でき、徐々にサプリメントのみの摂取に移行するのが安心です。

男性更年期障害の原因

40代から60代の働き盛りの男性で、会社や環境などの心理的ストレスや過労が原因で、精巣から分泌される血液中のテストステロンという男性ホルモンの分泌が低下し、自律神経の乱れにより起ります。

男性更年期障害の診療

病院の診療では、血中の男性ホルモンの値を測定して判断する事が多いようです。
診断を受けると男性ホルモン(テストステロン)を処方され、2?3ヶ月で改善される事が多いようです。
男性ホルモンで改善が見られない場合は、精神安定剤や抑うつ剤などの治療があります。

男性更年期障害の外来

男性が更年期障害の症状が出ても、男性更年期障害は、女性のものよりまだ認知度が低いので病院の外来の何科を受診すればよいのかよくわかりませんね。

まずは、症状が強いものを受診します。

尿の排泄や勃起不全の症状が気になるなら泌尿器科、ほてりやのぼせなどの身体的な症状なら内科や心療内科へ。

精神面が気にある場合は神経精神科の受診をおすすめします。

男性更年期障害の症状

精神面では、イライラする、不安になる、抑うつ状態、注意力・記憶力・集中力の低下が見られます。
身体面では、のぼせ、多汗、不眠、関節痛、精力の減退、疲労感を感じるなど、精神的にも肉体的にも精力的に活動する事が億劫な状態となります。
性欲減退やED(勃起不全)などの症状は男性の更年期障害はばかりではありません。
前立腺がんや膀胱がん、尿路結石などが原因の場合もあります。
また、肥満やコレステロールの増加、糖尿病や高血圧などにも影響を与えている場合が多いのです。